読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めるノート

へっぽこWebエンジニアが地団駄を踏んでいる日誌

退職が決まりました

寿退職ではありません。念のため。笑
いろいろありましたが、次の場所も決まりました。
現職には、2015年の1月から1年10ヶ月、お世話になりました。
Webの仕組みも知らないド素人の私を、あたたかく迎えてくださいました。
コーポレートサイトでも取り上げていただいて、嬉しかったです。

いままでやっていたことというのは

c5meru.hatenablog.jp


このへんプラス、laravelくらいだと思います。
上記エントリー以降は、既存の業務をこなしつつ、スキマ時間にモダンPHPの勉強をしながら、テストの勉強もしつつ、JSのフレームワークをいくつか触っていました。
あ、最近はRubyもちょっとやってたか。

ただ、いかんせんエンジニアとして生きていくにはベリーハードな環境でした。
それはこれまでの組織の作られ方に由来したもので、 自分の目指す方向が見えてくればくるほど、求められてることと徐々にずれていくのが分かっていきました。
人に関しては本当にいい人ばかりだったので、すごく悩みました。
やめるって言った時も、一番お世話になった上司の前で泣いてしまうくらい。

家族から毎日、たくさんのスーパーエンジニアの話を聞く度に、そんな世界は自分に縁のない話だと割り切ることが出来たならどんなに良いだろう、と、何度も思いました。
彼の話す内容を素直に聞くことができなくて、ずっともやもやして。泣いた泣いた。

けれど、前職でいよいよ営業の役職に名前を入れられ、目標数字をつけられ、開発案件の引き継ぎの話が始まり、もう会社に行けなくなってしまったある日、近所のカフェでMacを開いてコードを書いた時、向いてないとわかってても、それでも、この道を行こうと、自分の気持ちとして決めたのです。

きっかけとしては、周りの人によってうっかり始めてしまった転職活動でしたが、今回は就職活動や一度目の転職活動よりも、つらいものでした。
向かいたい場所がなんとなくあるから、絶対に妥協できなくて。ほんとうにしんどかった。家族とも揉めました。笑
そんなとき、「次の場所」から呼んでいただくことができたのです。

あらゆる分野におけるスーパーマンに囲まれて、きっと今よりもっとしんどいことが何度も何度もあると思いますが、その度に、エンジニアとしてたくさん成長していこうと思います。
楽しみです!

そして、引っ越して3ヶ月経ち、ようやくくつろげるバーをみつけました。
身体の緊張がふわっと溶けていく不思議な場所です。
23時閉店なのが惜しいところですが、、まぁ昼間もやってるし、仕方ないかな。
5分で帰れる立地だし、ごはんもたべられるし。ひとりのときは頻繁に行こうと思いました。