めるノート

Web界隈で生きる。

出産レポ

2020/09/30、11:45に3374gの元気な男の子を出産しました。
現在は退院して、夫婦2人でアワアワしながら子育ての洗礼を受けています。ねむい。

さて、女性の身体というものは、出産の痛み等々を忘れてしまう仕様らしいので、記念に出産の様子を残しておきたいと思います。

9/29

AM 5:30

  • 7分間隔でやや強いお腹の痛み

AM 8:00

  • 病院に電話、外来を受診することに
  • 出発前にトイレで「おしるし」の出血を確認

AM 10:00

  • 内診して子宮口の開きが1.5cm
  • 先生も「おしるし」の出血を確認
  • 諸事情で自宅から1時間半かかる病院のため、入院させてもらえることに
  • そのままLDRへ移動
    • LDRとは陣痛室と分娩室が一緒になっており、痛い中での移動が要らない部屋のこと
  • NST(ノンストレステスト)
    • 赤ちゃんの心拍と陣痛の強さを確認
  • 血管が細いので早めにルート確保(点滴の準備)してもらうようお願いする
    • もともと抗生剤を使う予定だし、麻酔とか使う可能性があるから直前であわてないように
    • やはりわたしの血管はスタッフ泣かせで、4回目の注射でようやく成功

PM 12:00

  • 出てきたメシを「食べられるうちに」とかきこんでいたら、助産師さんに「余裕そうですね」って言われる

PM 14:00

  • 痛い合間に寝てたら陣痛の間隔が遠のいてしまい、一旦病室に案内される
  • 以降、メシくったりテレビ見たり、たまにNSTをしながら前駆陣痛の間隔をはかりつつやりすごす
    • 陣痛の間隔をはかれるアプリがある
  • 間隔は10分以内(本陣痛の目安)だけど強さがなくて、病室の荷物整理してたら痛みを感じないくらい

PM 21:00

  • 病室からLDRへ移動してNST
    • 陣痛の強さが足りなくてまた病室へ
  • おなかすいてきたのでカロリーメイトを食べる

PM 23:50

  • 5分間隔の強い痛みとトイレで破水したような気がしてナースコール
    • 助産師さんに確認してもらうも、破水はしておらず
  • 子宮口の開きも変わらず1.5cmだったので病室でそのままステイ

9/30

AM 1:30

  • 5分間隔の痛みがさらに強くなり、眠れず再度ナースコール
    • 病室からLDR
  • 助産師さんに背中をさすってもらうと全然痛みが違うので感動
    • コロナがなければ通常は立ち会いの夫などがさするんだけど、下手でキレる事件がよく起こるらしい

AM 4:30

  • 呼吸法で流せていた陣痛に耐えられなくなってくる
    • 本当かどうかは知らないが呼吸法はめっちゃ褒められた
  • 菊地亜美がYouTubeで言ってたような震えや吐き気が始まる
    • この症状が出たら和痛分娩に切り替えようと決めていたので、助産師さんに麻酔をお願いする

AM 5:00

  • 子宮口の開きが4cmになる
    • 和痛分娩セッティング完了時には5cmになる
  • 和痛分娩のための硬膜外麻酔で背中への注射がめっちゃ痛かった
  • 同時に陣痛も痛くてパニックになりかけた
    • ちょっとでも動くと陣痛の間隔が狭まるので動きたくなかったのに、麻酔のために体制を変える必要があった
    • 助産師さんに押さえつけられた…w

AM 6:00

  • 麻酔が効いてきて人格と冷静さを取り戻す、クスリ最高
  • アカチャンのベッドがセッティングされたので夫に連絡してみるも、朝が早過ぎて返信なし
  • 途中まで麻酔なしでがんばったので、麻酔後もまあまあ順調に子宮口が開いていく

AM 7:00

  • 子宮口8cmになる
  • 夫に連絡ついたので、病院に来てもらうように言う

AM 8:00

  • 子宮口8cmのまま進行が止まりそうだったので促進剤でダメ押し
  • 8:30ごろ夫が到着、Slackで実況をする

AM 9:00

  • 子宮口9cmになる
  • これくらいのタイミングで人工破膜(破水)だった気がする
  • いきみたい感じが出てくるけど、まだかなーと思って逃す

AM 10:00

  • 子宮口全開を確認
  • 分娩準備スタート
  • ここ謎の1時間だったんだよな…他にもお産が何件か来たところだったからかな

AM 11:00

  • いきみスタート
  • 助産師さんの見立てでは12時台の誕生
  • しかし、なんとなくお股に挟まってるのが可哀想だったので思いっきりいきんでみたら、11:45にアッサリ出産!
  • 麻酔が切れかかってたみたいで、多分いきみにピッタリな感覚だったんじゃないかと思うくらい順調にいきめた
  • 外来から走ってきた先生の到着もわずかに間に合わずw 

その後

  • 会陰裂傷が本当に酷かったらしくて、先生が着いて早々「ウワッ」って言ってた
  • 先生が間に合ったら会陰切開でもう少しマシな状況にできたのかな
  • 会陰裂傷の縫合処置が45分かかった
    • そのためにわざわざ追加で麻酔を入れられた
  • 出血は1300でやや多め
  • 貧血チェックの採血で再度失敗されまくって4回刺される
    • 筋トレ系の先生が手の甲に刺したので止血もやたら強く圧迫されて超痛い、なんなら麻酔ありのお産より痛い
  • 夫が早くアカチャンに会いたくて、Slackでしびれを切らす
    • お願いしてアカチャンだけ早めにロビーに出してもらった
  • 自分と入れ替わりで何件かお産が立て込んで来たらしくて、その後しばらく放置
    • よくあることらしいw 

以上、簡単ではありますが、これからお産の妊婦さんのお役に立てたら幸いです。
コロナで両親学級は一度も受けられませんでしたが、YouTubeで立ち合いビデオとか助産師さんの講座とかたくさん見たことは本当に役立ちました。

f:id:c5meg1012:20201009015916j:plain