めるノート

一児の母 兼 へっぽこWebエンジニアの内省ノート

調べ物とかメモ

Redash を Docker で立ち上げる

もうだいぶ前にやったから忘れかけてるけど、M1 環境でも引っかからずにいけた気がする。

qiita.com

Docker で立ち上げた PostgreSQL に接続する

qiita.com

prograshi.com

PostgreSQLのデフォルトのルートユーザーは「postgres」です。

知らなかった・・・

169.254.169.254

EC2 のメタデータhttp://169.254.169.254/ から取れる。 docs.aws.amazon.com

レベルアップPHP

出社した帰りの電車の中で読んだ。 instanceof は自分が昔勉強していた頃にはなかった気がするけど、最近のコードではよく見かける。 まだ途中までしか読んでないので、引き続き読む。

amzn.to

最近の調べ物メモ

ここのところ技術的なことを書いていないので、こういうことをやっているよという記録も兼ねて、社内においてある雑な調べ物メモからいくつか抜粋する。

調べ物メモも、たいていは社内の複雑なコンテキストやアーキテクチャに関するメモだったりするけど、それ以外の出せそうなものを選出。

ジャンルは基本的には雑食だけど、今年の4月から3年ぶり3回目の PHPer 生活が始まっているので、そういうメモが多い。

Elasticsearch の bulk API

www.elastic.co

Provides a way to perform multiple indexcreatedelete, and update actions in a single request.

めっちゃなんでも屋さんだった。

PHP: assert

PHP は テスト以外の文脈でも assert を使うし、PHPUnit の assert とは別のものとして存在している。

www.php.net

そういうニーズは PHP に限らずありうる。

qiita.com

PHP: formatter

phpcs とだけ書かれたコミットメッセージがあって戸惑って調べた

  • phpcs : PHP Code Sniffer
  • phpcbf : PHP Code Beautifier and Fixer

Laravel: コンソールコマンド

readouble.com

Rails にもこういうのある

Clean Architecture: UseCases

インフラ業やってたので Clean Architecture 完全に忘れている・・・ ビジネスロジックに分類されていそう。

qiita.com

アプリケーションビジネスルールは、システムを成立させるためのロジックや、システムであることによって発生したロジックです。 「ユースケースの処理の流れを実現すること」や「トランザクション管理」などが該当します。

PHP: final キーワード

シビアに書くぞ!!という強い気持ち。

www.php.net

キーワード final を前に付けて定義されたメソッドや定数は、子クラスから上書きできません。 クラス自体が final と定義された場合には、このクラスを拡張することはできません。

qiita.com

いつ "final" を使うのか final は可能な限りいつでも使うべきです。

PHP: void

qiita.com

PHP7から返り値に型宣言が書けるようになりましたが、PHP7.1ではさらに機能が強化され、voidキーワードが書けるようになりました。 この型宣言は、値を返すとエラーになることが特徴です。

AWS SQS: receiveMessage

docs.aws.amazon.com

指定されたキューから1つ以上のメッセージ(最大10)を取得します。

メッセージオブジェクト

docs.aws.amazon.com

AWS SQS: receiptHandle

SQSでキューイングされたメッセージを削除するための識別子。

Laravel Eloquent: $fillable

見たことないと思ったら新しい書き方だった。

mebee.info

ホワイトリストとして利用できます。 指定したカラムに対してのみ、 create()やupdate() 、fill()が可能になります。

Laravel Eloquent: $casts

データ型。

EC2 の AutoScaling を hook にして何かできないか調査

できそうだった。

docs.aws.amazon.com

EC2 の特定のインスタンスの台数を API で叩いて知ることができないか調査

できそうだった。

docs.aws.amazon.com

誰か1人に刺さればそれで良い

演奏会が終わって、思ったこと。

演奏も、仕事のやり方も、誰か1人に刺さればそれで良いな、と思った。
多くの人から高評価を受けようとすると、身を削る部分が多いし、子どもがいる以上、譲れない部分も多いし。それで馴染めなくなったら、コミュニティを変えるとか、独立するとか、それで良いな、と思った。

演奏会では(プレイしたことないゲーム担当だったけど)曲を大事にしようと思ったり、子育てとカーブスでつけた体力を活かそうとしたり、乗る曲が少ないから個人練習をちゃんとしたり、他にもあれこれ、、、もちろん本番ミスはあったけど、限られた時間でできることはやったつもり。

自分は超絶技巧もないし、細かい粒がはっきり聞こえるようなカッコいい吹き方もできない。
今回の立ち位置的にはメイン曲の前の中継ぎ投手で、その前に大編成で有名曲があったので、評判は期待もしていなかったし、実際あまりTwitterとかでコメントもされていない。
だけど、少なくとも1人に刺さったことは確認できた。それだけで安心した。身内ではミスがいじられていたりするんだろうけど、1人に刺さったなら、ちゃんと参加した意味があったんだなと。それで良いやと思った。

仕事でも、自分は飛び出た専門性はないし、ブラック労働(笑)とかで貢献度アピールもできない。時短ではないもの、業務に裂ける時間はフルタイムギリギリで、今あるタスク(割と重いけど・・・)をこなすだけで脳のリソースは割といっぱい。
しかし、重いと書いたように、今のタスクは複数の分野が掛け合わさって複雑なものだ。専門性はないけど幅広く興味を持ってやってきた自分だからできることだと思う。

ただしシュッと目に見えるわかりやすい成果ではないからか、なかなか人の目につかないし、意味があるのかと自問自答もしたし、いったん棚に上げちゃえばと遠回しに言われたこともあった。だけど、自分は分かりやすい成果を出すために仕事しているわけじゃないんだよな、と矜持を持ち直して、今に至っている。幸い今の所属はそういうところを分かってくれている人もいるのでありがたいし、「誰か1人に刺さればそれで良い」というのはそういうことなんだろうと思う。

いっぽうで仕事の場合は、それ以外のステークホルダーに振り回されることもあって、そういう方向で信頼度を上げるためには貢献度を上げないといけないが時間が足りないうえ、分かりやすい成果をあまり出せない状況だと、つらいところがあるなあとは引き続き思っている。

c5meru.hatenablog.jp

話は変わって先日、婦人科で卵巣嚢腫の経過観察をした。特に悪化している様子はなかったので、また3ヶ月後に様子見。ついでにPMSも診てもらっていて、軽いホルモン剤をもらって昨日から飲んでいるけど、今のところは副作用はなさそう。下痢はあるけど、PMSなのか、演奏会の疲労か、体の冷えなのか、あるいは副作用なのか、まだはっきりしない。別途進めていた個人的な趣味で、体質に合いそうな漢方も見つけられたので、長年悩んでいたPMSやらイライラには決着がつきそうな予感。

ここ最近は、週末に神奈川県央から江戸川を越える移動をしょっちゅうしていて、電車で片道2時間なので腰を完全にやられた。ぎっくり腰はまぬがれたものの、代わりに背中を痛めたり、腰も慢性的な痛みは出てきてたりしていて、身体がボロボロだった。湿布と整骨院とストレッチで生きながらえている。木曜に通院がてら出社予定だけど、新宿くらいだったら余裕な気すらしてしまう。

長距離ドライブで腰をやられないように気をつける

思い出してみると、確かに旅行先でギックリ腰をやったことがあった。

最近も腰がめちゃくちゃ痛くて、楽器の練習のせいかな?と思っていた。確かに練習は座ってばかりだし往復の電車も長時間座っているので一因であることには間違いないんだけど、楽器の練習がないタイミングでも休日明けによく腰が辛くなっていた。
休日明けだから抱っこ疲れか?とも思っていたが、このGWは比較的ちゃんとストレッチしてるのに速攻で腰が痛くなるので不思議だった。そこで気付いたのが、予定のない日に突発開催していた長距離ドライブの影響である。

ストレッチは夜の入浴後だけではなく、子どもを遊ばせつつ立ったままできるストレッチとか、車とかで座りながらできるストレッチをやるようにしたら、だいぶ身体が楽になった。
カーブスでやってるストレッチも役立ったし、この筋肉を伸ばすためにはどういう動きが効きそうかイメージできるようになってきた気がする。

移動先なら家事タスクも入らず合間合間にストレッチできるし、休みの日こそきちんと身体を意識しないといかんなと思った。

開発組織に必要かつ人不足なポジションは国防にたとえられそう

(これは個人的な意見です)

開発組織において人不足で問題になる役職、たとえばマネージャーとかインフラとか、セキュリティとかいろいろあるかもしれないけど、そういうのって、自発的に集めるのは難しいけど、なんやかんや必要なことは間違いなくて、昨今のウクライナとか見ていても国防っぽいなと感じる。

「頻度としては少ないので最低限でいいでしょう」という日本っぽさもまた似ているような気する(国防とかの専門家ではないので日本の国防に対して主張があるわけではないです)し、有事のことがあると志願する人が増えるのも似ている気がする。

ただし、開発組織にマネージャー・インフラ・セキュリティ系のメンバーしかいなかったら、個人的には開発は回らないと思う。もちろん、各メンバーのスキルがいい感じに組み合わされば事実上は開発可能かもしれないけど、多様性がなくなってチームプレイが難しそうなイメージ。多様性をなくしてトップダウンで軍隊している国にも心当たりがありますね。

話は変わって、「スペシャリティは高くないけどチームの雰囲気をいい感じにできる人」というのは確実に居て、先述のようなメンバーと対立構造が生まれるんだけど、自分はどっちが正解っていうのはないと強く思っていて、だけどその理由を多様性というバズワードでしか説明できないのがシンドイなと前々から思っていた。

だけど国防に例えれば、日本だと自衛隊は税金で食べているわけだし、国は一般市民あってのもの(「十二国記」を読んでいるとそう思うが、そうでもないかもしれない?)。そう考えると「チームの雰囲気をいい感じにできる人」は自治会長っぽいポジションとも言えそう。

社内では今月からチーム留学制度が始まっていて、名前通り「留学」という側面でのアイデアは以前からあったんだけど、実現したのは人不足で必要に迫られたからという側面もあったように思う。
プロフェッショナルが最低限いる上での話にはなるけど、そういう人不足なポジションは、だれでも交代で入ると良いのでは?という話はちょうど社内でも雑談の場で出ていて、それから数時間経った今、自分の頭の中に「徴兵制」という言葉が浮かんだのであった。

マネージャーに関しては前に書いていた。 c5meru.hatenablog.jp

まあ今回のポジション異動も「インフラエンジニアでいるのがつらくなったときは」って書いてもよかったんだけど、社会性がついたのでやめましたね・・・

頭打ちが見えてきてしまった

信頼が先かチャレンジが先かってニワトリタマゴだなーって思う。
信頼を得ないとチャレンジする権利は得られないし、チャレンジしないと信頼は得られない。

信頼は、頑張れば必ず得られるものではないというのも理解している。
相互間にあるなんらかのバイアス、生まれ持った性質とか、互いの精神状態にも左右されるし、たまたま今は慎重にならざるを得ないタイミングなのも分かる。

c5meru.hatenablog.jp c5meru.hatenablog.jp

今すぐどうということはないけど、今後実績が積めないとなってしまったら、キャリア的には結構不安。。。

Gather を使ってみた体験が良かった

今月、会社でトライアル的に Gather が導入された。
昼と夕方ごろにうろついているのだけれど、割とオフラインに近い体験ができて良い。

先週末、子どもの看病やら救急搬送やらであまり休めておらず、ちょうど生理が始まるタイミングだったのもあって月曜火曜あたりはグロッキーで使い物にならなくなっていた。
いま(と言ってもここ1年くらい)持っている案件が進捗出にくいヘビー級なので、一度落ち込んでしまうとなかなか立ち直るのが難しかったんだけど、Gather でいろんな人と雑談をしていると気分転換ができて、次第に復調することができた。

Slack をうろついて存在感を出す人と、Gather をうろついて存在感を出す人のタイプが微妙に違うのも面白い。いや、弊社は新卒が中心に使っているからというのもありそう(みんな気を遣って遠慮しているのかもしれない)。

息子が熱性けいれんで救急搬送された

(これはあくまでも我が家のケースなので、詳しくは専門家にご相談ください。)

息子、15日(金)の朝から発熱し、16日(土)の朝は下がって元気そうだったものの昼頃からぶり返す。解熱剤を飲んでも39度台。

16日(土)夕方ごろ、解熱剤があと1回分になったので、夜間の受診ができないか地域のコールセンターに相談した。発熱していると受け入れ先が車で1時間くらいかかる病院になってしまうと言われる。
結局ファストドクターを使って、22:20ごろ往診にきてもらうことができ、コロナ抗原検査で陰性を確認したのち、追加の解熱剤をもらった。

先生が帰宅後すぐに解熱剤を飲ませたら、ブルッと大きく震えた。

以前、発熱の寒気で似たような震えがあったがその後何もなかったのでしばらく様子見していたが、すぐにガクッと身体がこわばって、ウワー!と一瞬泣いた後、本格的にけいれんが始まり意識を失った。

熱性けいれんは時間を測るのが大事なので、とりあえず時間を見る。22:50。
姉がてんかん持ちで、一度救急搬送された時に近くにいたことがあったので「これはガチのやつだ」と思い 119番。
電話しながらパパと様子を見る。けいれん自体は3分程度でおさまってきて、お腹は呼吸でちゃんと動いている。意識はなさそうだが時々「うー」と苦しそうに唸っていたりしていたので、命がヤバいという状態ではなさそうという認識。

救急隊は5〜10分くらいで来てくれた。救急車の中でも意識が戻らず、時々ひらく目も焦点があわなかったので非常に心配だったが、救急車が病院に着いたタイミングで、意識が回復した。救急隊員さんに抱っこされて病院に入るときには表情が戻っていたので安心。
病院では(2時間くらい前にやったけど)コロナの抗原検査をして、その結果待ちも兼ねて1時間ほど経過観察し、問題ないとの判断で帰宅した。

熱性けいれんでググると「初回は救急車を呼ぶ。それ以外は時間を測って様子見で」と書かれている情報もあるけれど、今回診てもらった先生によると、次回けいれんがあっても救急搬送で、次は精密検査することと言われた。
24時間以内が再発率が高いようだけど、翌朝は熱も下がって、ちょっと機嫌が悪いくらいで1日普通に過ごしていたので安心している。

理屈vs感情が、よくある夫婦喧嘩として男vs女みたいな構図で話されるのが苦手

男女どちらかが多数派のコミュニティで、理屈vs感情が、よくある夫婦喧嘩としてそのまま男vs女みたいな構図で話されるのが苦手。自分はあまり感情的にならないので、我が家は逆なんだよなあ。

たとえば子どもがイヤイヤ期なんだけど、おもちゃを投げつけたり、パパorママを叩いたりした時に、すぐパパが怒る。それで子どもも更にヒートアップして暴れて悪循環。
1歳半の子は脳の働きが未熟で怒りを抑えられないんだよ、とか、そもそも怒っている理由がわからないから普通に攻撃されているように感じているんだよ、など、理屈で説明してはいるものの、時によってはなかなか伝わらない。

そういうことを日々苦労しながらやっているので、はっきり言われることがないにしても「女性は感情的で理屈が分からないからな〜」という空気を出されるとうんざりする。自分がマイノリティなのはわかっているので、気にしないようにしているけど。

c5meru.hatenablog.jp

自慢や武勇伝とか、マウントについて

blog.magnolia.tech

復帰してからワーキングマザーがクソ忙しくて、他人の自慢や武勇伝とか、マウントをのんびり聞いている暇と集中力がなく、それとわかってしまうと以降の話がどうしても頭に入らなくて困ったのを思い出した。

最初のうちは頑張って自分でそこから解釈して、「おっしゃるとおり、今こういうアクションができますよね!」と言ってみたりやってみたりしていたけど、後のリアクションからみるに相手は実際はそういうのを求めていないのか、自分の経験したことと微妙に違うからなのか、なんやかんや因縁をつけられたりして、そうなると 「無駄だな〜、この時間、自分の成果とか実現したいことにあてたいな」ってよく思っていた。

そう思ってしまう自分は、やっぱり変わっているんだと思う。 c5meru.hatenablog.jp

最近はちょっと余裕ができたのとポジショニングを変えたりしたことで、あんまりこういうことはないけど、今度は自分が自慢・武勇伝・マウントをやる側になっていないか、気をつけないといけない。